シドニーの飲茶レストランをランク付け。実際に食べた飲茶レストランから厳選紹介ランキング
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > シドニーレストラン > シドニーの飲茶レストラン
シドニーの飲茶レストラン

シドニーの飲茶レストランをランキング。シドニーのおいしい飲茶レストランをチェックしよう!


シドニーの飲茶レストランNo1
カムフック・チャッツウッド(Kam Fook Chatswood)
シドニーの飲茶レストラン・ランキング・ベスト1:カムフック・チャッツウッド(Kam Fook Chatswood) チャイナタウンの飲茶ではないですが、ここの飲茶が一番美味しいと思います!
すこーし上品な味がして本場の飲茶を楽しむ事ができます。 お昼時はとても混んでいますので早めに行くのをオススメします。
カムフック・チャッツウッド(Kam Fook Chatswood)の詳細はこちら

シドニーの飲茶レストランNo2
イースト・オーシャン(East Ocean)
シドニーの飲茶レストラン・ランキング・ベスト2:イースト・オーシャン(East Ocean) チャイナタウンで一番美味しい飲茶。店にはアジア系の人で一杯です。 こちらもお昼は混んでいるので早めに行きましょう。
イースト・オーシャン(East Ocean)の詳細はこちら



 カムフック・チャッツウッドで飲茶を楽しむ!
シドニーで飲茶するなら、おすすめはカムフック・チャッツウッドKam Fook Chatswoodです。店内はたいへん広く内装もきれいめ、ワゴンが店内をぐるぐる回ってます。人気のため週末のランチタイムは長座の列になるので、11時頃に行くと待つ必要がなくていいです。 カムフック・チャッツウッドの飲茶メニューを少し紹介します。これを見て食べたくなった人はぜひ入ってみてください。

カムフック・チャッツウッドの店内:飲茶を楽しむ人達広い店内にはお客さんがぎっしり。その隙間をおばちゃんが威勢よくワゴンを押してまわってます。東洋人を見るとまず中国語で話かけてくるけど、ポケーっとした顔してると片言の英語で話してくれます。 飲茶に欠かせないセイロ入りの蒸し物まずは飲茶にはなにがなんでもかかせない蒸し物からスタート。せいろに入った食べ物って飲茶にはかかせません。ワゴンには何種類ものせいろがのってて、おばさんがひとつひとつ空けて中を見せてくれます。せいろの蓋を開けるたびに蒸気がモワモワっとあがって、なかにプリプリな蒸し物が、たまらんね〜
飲茶の必須オーダーのシュウマイ上の蒸し物おいしかったから、さらに蒸し物追加オーダー。写真はシュウマイ2品。右側のはチキンのシュウマイで、なんともジューシーでおいしかった。 茄子の挟み挙げ茄子のはさみ挙げみたいなワゴンがまわってきた。ワゴンのおばさんが茄子の横にある豆腐の煮込みみたいなのと組み合わせオーダーできるというので、茄子2個と豆腐1個をオーダー。
カムフック・チャッツウッドのおすすめメニューがシーフードのコンジ(お粥)これは私の大好物のシーフードのコンジ(お粥)。ここのコンジ(お粥)はすごくおいしいです。多くのレストランでは予めできたコンジにシーフードやらの具を後で入れるだけなのにたいし、ここはちゃんと具を入れて煮込んでるので具の味がちゃんとでてる。うめ〜、って感動してたら北京出身の友達もこのシーフードのコンジはおいしいと絶賛してました。 飲茶の後は中華デザート、豆腐のデザートがおいしいデザートのワゴンもまわってくるので、オーダーしましょう。マンゴープリンやお饅頭みたいなのもあるけど、私がすきなのはお豆腐のやつ。やわらかくてちょっと暖かめのお豆腐にシロップをかけて食べる、ヘルシーでシンプルな味。最初食べた時はイマイチだったけど、つい癖になる味で飲茶には欠かせません。

カムフック・チャッツウッド(Kam Fook Chatswood)のレストラン情報
エリア:チャッツウッド
住所:Westfield Shopping Town Level 6, Shop 600, Help St Chatswood
電話番号:(02)9413 9388
ウェブサイト:



 飲茶の仕方やマナー
飲茶のいいところは実物を目で見てオーダーできること。字だけのメニューで選んで実際に運ばれたものが想像と全く違ってガッカリってことになりません。 欲しいものを指で指さばいいだけなので、英語ができなくてもオーダーできるし。 シドニーで飲茶に行くと、レストランのワゴンを押してる人は大抵の場合、中国語で話しかけてくるけど気にする必要はありません。

飲茶の仕方としては、
ワゴンが来る→欲しいものを指さす、入らなければ手を振る→1品取るごとにレシートにハンコを押してくれる(右の写真みたいなの)→最後にお勘定、という流れ。

飲茶のマナーとしては、
1)急須にお湯が無くなったのでお湯を追加してもらいたい時は、急須の蓋をずらしてテーブルの上においておくのが合図。気付いたレストランのスタッフがお湯を追加してくれます。
2)急須に入ったお茶は男性が注いでくれることが多い。だってお茶が満タンに入った急須ってかなり重いですから。お茶を注いでもらったら、「ありがとう」という代わりに中指だかひとさし指をトントンと動かします。
3)飲茶では1人につき食器が、お皿、お茶碗、お湯のみの3種類。基本的にお茶碗はお皿の上にのせて、お茶碗になんでも入れて食べます。じゃあお皿は何をするのかというと、食べた際に出てきた骨なんかをのせます。日本人としてはお皿にお肉やシューマイをのせて食べたいし、これを破ったからといってすごいマナー違反な奴ってことにはならないですがとりあえず。

飲茶の伝票表。オーダーするごとにワゴンを押してる人がハンコを押してくれる ワゴンから食べ物を受け取ると、ワゴンを押してる人が伝表にハンコを押してくれる。どれがいくらなのかは謎、、、 急須にお湯を追加してもらいたい合図は急須の蓋をずらす 急須にお湯が無くなったら、中国茶は何度もでるからお湯をたすだけなのが嬉しい。お湯を注いで欲しい時は、写真のように蓋をずらすのが合図。


シドニーは英語圏の国だけど、中華料理レストランのなかでは中国語ができないと苦労することが多々あります。飲茶に行くとワゴンを押してる人は大抵の場合、中国語で話しかけてきます。 英語で返すと手を振って、「だめだ、こいつ中国語通じないよ、使えないねー」ってな感じで立ち去られてことがありました。


シドニー宿泊
見る・遊ぶ
食べる・飲む
旅行の前に
シドニー現地情報
コミュニティ
シドニーのクラシファイドサイト
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

Copyright © 2007-2019 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!