シドニーへの航空券を買うためのノウハウ。シドニー行きの航空券購入の際は参考に。
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > シドニーへの航空券予約
シドニーへの航空券予約

当然ですがシドニーに渡るためには航空券が必要。 飛行機のチケットは旅行代理店に行っても購入できますが、今ではインターネットを使って自分で予約をした方が安く購入できます。 街中にあるJTBやHISなどの旅行代理店にわざわざ行って予約をするのは高いし面倒なのでオンラインで自分でとってしまいましょう。

シドニーへの航空券をオンラインで予約できるサイト
シドニーへの航空券を予約できるサイトはたくさんあります。 ホテルとは異なり、どのサイトでとっても料金は比較的似ています。 というのは、航空券はマージン率がとても低いのでどのサイトを経由してもそこまで変化はないのです。 ただ、サイトによってカスタマーケアや信頼性、利用易さは全然違うのでどのサイトで航空券を購入するかを選択するのはとても大事です。 また、JALなどの航空券会社などで直接予約すると一般的に高くなるので航空会社以外のサイトで予約した方が種類も豊富でお得です。
たくさん航空券を販売しているサイトの中でも、エイビーロードは使い勝手がとてもよく、 料金比較がしやすいので一番のオススメです。 エイビーロードを利用した場合は、オンラインで航空券予約がその場で購入できるのではなく、一度問い合わせる必要があります。 勿論問い合わせには料金はかからないので、気になったシドニー航空券があったらまずは問い合わせをすることです。
イーツアーもエアーチケットの業界ではかなり有名なサイトです。 古くからあるサイトなのでサイトも使いやすく、料金も安いときが多いです。 航空券を購入するごとにもらえるポイント制度や、時期ごとにお得なキャンペーンなども頻繁にやっているので、 シドニーへの航空券の購入を考えている人はチェックしてみた方がいいです。 シドニーへの航空券を探すときは下記の3つのサイトをチェックすれば十分でしょう。3つも面倒な人はエイビーロードだけ確認しておけばまず間違いないでしょう。

シドニーへの航空券を予約できるサイト
航空券の購入は銀行振り込みのみ対応の企業もあるのですがここはクレジットカードでの支払いがOKなのでいいです。 航空券の販売にかなり力を入れていて値段もかなり落としているのでオススメできるサイト。
イーツアーでシドニーへの格安航空券を検索
とてもきれいで使い勝手が高いサイト。時期によってバーゲンとして航空券を格安料金で提供しているときがあるのでこまめにチェックが必要です。 支払方法は銀行振り込みやクレジットカードなど。
フリーバードは2002年から航空券の販売を行っている、いわゆる老舗のオンライン航空券販売サイト。 カスタマーサポートが充実していて一人一人のお客を大事にして丁寧に航空券を販売してくれます。 最短で出発前日でもチケットを購入できるのも嬉しいサービス。
どの航空会社を利用するべきか
シドニーから日本への飛行機は、JALは勿論、カンタス航空、大韓航空、ジェットスター航空など色々あります。 航空会社を選ぶときは、まず大きく二つの分類に別れます。 俗に言う、格安航空会社と一般の航空会社です。
格安航空会社の特徴は、とにかく安いということです。 学生さんなどとりあえず安いシドニー航空券を購入したいという人は、 ジェットスターを始めとする格安航空券会社を利用するのがおすすめです。 例えばジェットスターでは東京からシドニーまで往復5万円程度でいけたりします。 キャンペーン期間などは3万円とか信じられない料金の時もあります。 ただ、シドニーに直行便ではなくゴールドコーストやケアンズを経由してきます。 さらに、格安だけあって座席は安っぽく、機内食もなし、個人テレビやゲームなどもありません。 希望する人は、機内食は機内で購入でき、テレビも借りることができますが結構高いため、 食べるものは事前に持ち込み(食べ物の機内への持込は可能です)、本やゲームなど暇つぶしのものも持ってくるようにしましょう。 格安航空券といっても安全性が損なわれているわけでは決してありませんので安心して利用して大丈夫です。 ただ、ジェットスターを利用するとシドニーに到着した時はげんなりと疲れた気持ちにはなります。

ご年配の方など、料金は多少かかってもゆったりと旅行したい人は通常の航空会社を利用した方がいいです。 機内食はあるし、大体の航空会社では個人テレビがついていて映画やゲームを楽しむことができます。 通常の航空会社を利用するときでも、シドニーへの直行便ではなく、経由便の場合があるので気をつけましょう。 経由便とは、例えば大韓航空などに多いですが、シドニーからソウルまで一度行き、そこで2時間くらい待ちシドニーに飛び立つというものです。 これは時間がとてもかかり疲れますが、一般的には直行便より安く済みます。 若い方や学生など時間が多少かかってもいいので安く済ませたい人などはこの方法もおすすめです。 また、経由便だとその都市で数泊観光を楽しむということも可能です。(ストップオーバーといいます。)

マイレージを貯める
シドニーに来るときはマイレージを貯めましょう。 日本とシドニーは結構距離が離れていますので一回シドニーに来るだけで結構なマイル(往復で7000マイル)が貯まります。 管理人が使用していてオススメできるのはJALのマイレージカードです。 JALのマイレージカードはマイルが貯まったときに無料で乗れる日本からの飛行機の数が圧倒的に多いです。 例えば大韓航空のマイルを貯めても日本からお得に利用できる飛行機の数は少ないです。 JALのマーレージカードなら日本国内の飛行機もあるし、 また多くの日本の企業と提携しているので飛行機以外にも、例えばヤフーのポイントと変更できたり電子マネーに変換できたりJTBのポイントに変換できたりします。 さらにクレジットカードも一緒に申し込むとショッピングごとにポイントが貯まってさらにお得なのです。(最大100円で2マイル。申込みのプランによって異なります。) 勿論参加費は無料で簡単に参加することが出来ます。

また、JALのマイルはクレジットカードでショッピングするたびに貯まります。 これは圧倒的にお得で、特に海外ではクレジットカードを使用する機会が増えるので知らない間にマイルが貯まっていきます。 シドニーに来る際にマイレージカードを作ろうと思っている人はマイルがたまる「JALカード」 でクレジットカードと一緒に作ってきましょう。 クレジットカードの作成は手続き等、数週間かかるのでできるだけ早めに申し込みましょう。 シドニーでのクレジットカード事情に関してはシドニーでクレジットカードを利用のページを参照してください。

日本からシドニーに一度旅行に来ると大体7000マイル。JALのマイレージでは1万マイルから何かに変更することが出来るので、 一回往復して、さらに韓国あたりに小旅行(もしくはクレジットカードで1万5千円くらい使う)と何かと交換できるのです。 お得ですよねぇ。 ただし貯めたマイルには有効期限があるのでシドニーに来たきり飛行機は全く乗らず、カードでショッピングも全くしない人は申し込むだけ無駄かもしれませんね。 (マイルの有効期限はご搭乗日の翌月から数えて36ヵ月後の月末です。例えば、2008年8月ご搭乗分にためたマイルは2011年の8月末で有効期限が切れます。)

マイルを交換するときに目安(JALマイレージカードの例)ですが、JTBの旅行券やヤフーのショッピングポイントなど マイルをポイントや金券に変更する時は大体1万マイルで1万円という感じです。 国内旅行のときは日本から大阪の往復件で1万マイル、 海外旅行の時は日本からソウルの往復航空券で1万5千マイルくらいです。
直行便か経由便か
航空券を購入する際は直行便か経由便かが大事なポイントです。
直行便は成田空港(関西空港)から別の都市を経由せず一気にシドニーに到着する便です。 成田からシドニーまでは10時間弱。経由無しにいくとすぐにつきます。 ただし、直行便は下の経由便よりも少し高い傾向があります。

経由便とは例えばソウルなどに一度止まってからシドニーに到着する便です。 格安航空券などにこのバターンが多いですが、到着まで時間がかかります。 例えば、ソウル経由の場合、成田からソウルまで2時間程度、その後ソウルで数時間待たされ、シドニーまでさらに10時間程度かかります。 また、飛行機の待ち合わせが必要なため遅れたりスケジュール変更があると問題です。
シドニーからソウル、成田の飛行機に乗ったことがありますが、シドニーソウル間で飛行機が遅れて、 ソウルに着いたときは走って成田行きの飛行機に乗りました。 ただ、預けていた荷物が成田行きの飛行機に間に合わず後日届けられる必要があるというとても面倒なことがありました。 経由便とはいえこういうトラブルは稀ですが、経由便である以上可能性はあるので大事なビジネス旅行などの時には直行便にしましょう。

航空券の種類
航空券購入の際には種類も決めておきましょう。航空券の種類は大きく3種類ありますが、 自分の旅行の目的に準じたものを購入しましょう。

1.フィックスチケット
航空券購入時に行き帰りの便(日程)を指定して購入するもの。 一度購入すると日程変更ができませんが、他のチケットの種類より割安にすみますので普通の旅行の際にはこちらのチケットにしましょう。

2.オープンチケット
往復航空券で帰りの便を変更できるものです。 3ヶ月オープンや半年オープン、一年オープンなどがあります。 ワーキングホリデーなど、長期で現地で滞在する人で日本に戻る正確な日程が決まっていない時などに有効です。 オープンチケットの料金は少し高めのケースが多いですが、中には格安航空券で激安のものもあります。 また、ワーキングホリデーを利用する人専用の航空券や、留学生用の格安航空券(購入時にビザを提示する必要あり)もあるので、 航空券購入時には注意しましょう。

3.片道チケット
行きだけで帰り便を予約しないチケットです。 海外旅行では通常利用しません。
空港の豪華ラウンジを利用しよう
飛行機の時間を待つのは結構大変ですよね。 免税店などで時間をつぶすのにも限界があるし、本などを読んでいるのも何となく疲れてしまいます。 シドニーと東京をよく往復するたびに、空港にはラウンジという素晴らしい場所があることに気がつきました。 とはいえ、通常のエコノミークラスの座席では利用できず、 JALでいうプレミアムエコノミーなどちょっとランクの良い座席で航空券を予約すると、サクララウンジという豪華ラウンジを利用できる券をチェックインのときにもらえます。 その他、JALのプレミアムエコノミークラスではラウンジが利用できるという特典のほかに、 空港でのイミグレーション手続きの際に優先的に手続きを進められる『Express』券(イミグレーション手続きはオーストラリア入国の際に全員やらなければならないため混雑時は長い待ち時間がかかります)や、 機内の座席がより広々とゆったりとしたものになります。(ちなみに、機内食はJALのプレミアムエコノミークラスではエコノミークラスと同じものがでてきます。ビジネスクラスは機内食も変わります。) 当然プレミアムエコノミーは料金が通常のエコノミークラスよりも高いのですが、その分色々特典があるのでちょっと贅沢したい人にはおすすめです。 また、通常のエコノミークラスの航空券でも、例えば成田空港のサクララウンジは3千円払うと利用できます。 空港のラウンジはとっても快適なので、空港での待ち時間が長い人などは利用するとより快適に旅行を楽しめます。

シドニー空港のラウンジ 右の写真はシドニーの空港ラウンジ。中は非常にゆったりしていてドリンク飲み放題、軽食が食べ放題です。 アルコール類もビールやワイン、ウィスキーなどたくさんの種類のものが用意されています。 インターネットも使えるので自分のラップトップを持ってつないだりできます。 その他、シャワー設備や雑誌、テレビなども完備されているので飛行機を待つのに退屈はしません。
成田空港のSAKURAラウンジからの眺め 右の写真は成田空港で飛行機を待っている時に利用したサクララウンジからの眺めです。 サクララウンジもとっても優雅な空間でした。 ドリンクや軽食やインターネット接続は勿論のこと、無料で利用できるマッサージチェアーまであるのでまさに極楽気分で飛行機を待つことができます。 雑誌なども準備されているので、空港のラウンジにいると数時間はあっという間にたってしまいます。
成田空港のサクララウンジで飲むビール 右の写真は成田空港のラウンジで飲んだビールとおつまみです。 ビールはセルフサービスですが基本的に飲み放題。 ちょこっと1時間くらいのラウンジ利用でしたが飛行機に入るときにはほろ酔い気分でした。 個人的には成田空港のサクララウンジはとても優雅で大満足でした。 基本的にJALを利用するとシドニーへは夜便なのですが、これからはちょっと早めに空港に来て数時間はラウンジで時間をつぶすのもいいなと思っています。


シドニーのクラシファイドサイト
シドニー宿泊
コミュニティ
食べる・飲む
見る・遊ぶ
旅行の前に
シドニー現地情報
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

ようこそシドニーをお気に入りに追加
はてなブックマークに登録


Copyright © 2007-2012 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!