タロンガ動物園(Taronga Zoo)にシドニーの動物たちと触れ合いましょう。
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > シドニー観光スポット > タロンガ動物園(Taronga Zoo)
タロンガ動物園(Taronga Zoo)

タロンガ動物園(Taronga Zoo)はオーストラリア内で最大規模を誇る動物園で人気の高い観光地の一つになっています。 オーストラリア固有の動物は勿論、ライオンやトラ、ゾウやキリン、ゴリラなど世界各地から集めておりその数は実に380種2200頭にも及ぶそうです。


タロンガ動物園(Taronga Zoo) 右の写真がタロンガ動物園(Taronga Zoo)の入り口の写真です。 近代的な雰囲気を持つ動物園の中には日本では見られないオーストラリアならではの動物がずらり。 その他鳥のショー(Bird show)では訓練された鳥たちが楽しい芸を見せてくれます。 丘を利用した29ヘクタールの広い園内は動物の生息地域によるエリア分けがされています。 オーストラリアの動物達は正面入り口近くにまとまっておりカンガルー、ワラビー、エミューは放し飼いに、 コアラは間近で一緒に記念撮影もできます(有料)。 またアザラシやオットセイの泳ぐ姿をガラス越しに見ることが出来たり ペンギンやペリカンを間近に観察できたりするエリアもあります。 大きなシアタースペースではアザラシのショーもやっています。


タロンガ動物園(Taronga Zoo) タロンガ動物園(Taronga Zoo)へのアクセスはバスとフェリーとありますが、 オススメは断然フェリーです。 フェリーはサーキュラキーからでていて15分ほどで到着します。 フェリーからの眺めも最高なので是非外に座って堪能してください。 (シドニーのフェリーの乗り方も参考にしてください。)
右の写真はタロンガ動物園(Taronga Zoo)のフェリー乗り場です。 小さいけど眺めは抜群に良いですよ。



タロンガ動物園(Taronga Zoo) タロンガ動物園(Taronga Zoo)ではカンガルーやコアラをはじめとする動物を見ることができるのは当然ですが、 タロンガ動物園(Taronga Zoo)からのシティの眺めも最高です。その眺めは当サイトのシドニーのシドニー絶景スポットベスト7にも選ばれていますが、 是非その美しい眺めも堪能してください。 朝からランチボックスを持参できてお昼は美しい眺めを見ながらのピクニックコースがオススメですよ。 右の写真はタロンガ動物園(Taronga Zoo)からのシティの眺めになります。 オペラハウスとビル郡をシドニー湾とともに眺めることができてすばらしい場所です。 ちなみに、『Taronga』とはアボリジニー語で『美しい水の眺め』という意味です。 その昔アボリジニーが同じ場所で景色を眺めていたと思うと感慨深くなります。



タロンガズーの体験談と動物園の楽しみ方

タロンガズー(Taronga Zoo)のカンガルー タロンガ動物園ではオーストラリアを代表する動物がたくさんいます。 その代表的なものはカンガルーとコアラ。 カンガルーはシドニーから車で2時間くらい郊外にいくと結構どこでも見れるので、 シドニー在住の人にはあまり珍しくもないのですが、 日本から来た人には必見の動物ですね。 カンガルーは結構間近で見ることができるので迫力満点です。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のコアラ こちらはコアラ。コアラははっきり言ってあまり動いてくれない(コアラは一日のうち20時間くらい寝ています)ので、 動物園で見てもあまり面白くはありません。 とはいえ、コアラもオーストラリアを代表する動物なのでしっかりと押さえておきましょう。 (ちなみに、シドニーから離れてメルボルンのグレートオーシャンロードでは野生のコアラが見れますが、こちらの方が断然感激します。)
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のバードショー タロンガ動物園の楽しみ方は、ずばり2つのショーにあります。 そのひとつ目がバードショー。 これは最高に楽しめるので、タロンガズーにきたら無料マップでショーの時間を確認して確実に見るようにしましょう。 バードショーでは色々な鳥が登場して、空高く飛んだり、観客席の近くを飛んできたりしてスリルも満点です。 また、バードショーの場所はハーバーブリッジやオペラハウスが見れて眺めも最高に楽しめます。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のバードショー 右はバードショーで登場したコンドル。コンドルは大きいです。 その大きなコンドルが観客席の近くを飛んでくるのでまさに観客は大興奮です! そのほか、鷹などが超高速で飛んでいく姿を見れたり、鳥の団体が自由自在に操られて飛んでいる姿などまさに見どころ満載です。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のアザラシのショー タロンガズーのもう一つの見るべきショーは、アザラシのショーです。 アザラシのショーでは数匹のアザラシがジャンプをしたりボール遊びをしたり、大声で泣いたりして観客を楽しませてくれます。 ただ、前の方に座りすぎるとショーの途中、水しぶきで濡れたるのでこちらは予め注意しておきましょう。 個人的には上のバードショーの方が楽しめましたが、アザラシのショーもなかなかの内容でした。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のキリン さて、上の二つのショーをきちんと押さえて、その合間の時間にそのほかの動物を見ましょう。 おすすめはキリン、ゴリラ、チンパンジー、トラなど。 タロンガズーでは広大な大地に非常に多くの動物がいるので、一日中十分に楽しめます。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のカメレオン 哺乳類のほかにもトカゲやヘビなどの爬虫類や。蜘蛛などの虫までいるのがタロンガズー。 右の写真はカメレオンですが、見ているうちに本当に色が変わって感動しました。 そのほか、カモノハシやウォンバットなど普通の動物園ではなかなか見ることのできない動物もいます。
タロンガ動物園(Taronga Zoo)のゴンドラ タロンガ動物園は非常に広大で、丘の上(動物園入口)から下の方に続いて動物園は広がっています。 車で来た場合、丘の上に駐車場はあるのですが、丘の下から上まで歩いて戻るのは大変です。 そんな時に嬉しいのが、丘の下からまた動物園入口まで移動できるゴンドラ。 このゴンドラは無料で利用できて眺めも最高、そして楽ちんなのでぜひ利用しましょう。 一日中動物園を歩いているとさすがに疲れますが、 ゴンドラに乗れば5分で上まで上ることができます。

タロンガ動物園(Taronga Zoo)で見ることができる代表的な動物
カンガルー
Kangaroo
いわずと知れたオーストラリアの代表的な動物。赤ちゃんを袋の中で育てる珍しい有袋類です。袋付きのおなか、大きな後足と小さな前足そして大きなしっぽ。 見れば見るほど不思議な形をしている動物ですが動作は以外に速いです。
コアラ
Koala
こちらもオーストラリアの代表的な動物。夜行性で常にユーカリの木の上で生活をして食べ物はユーカリだけという不思議な動物。 ユーカリには頭をぼ〜っとさせる成分があるらしく、コアラも何と1日のうち20時間も寝ています。コアラを抱っこしたいと思う人も多いと思いますがNSW週では原則禁止されています。 コアラを抱っこするとコアラにストレスがたまってしまうらしいですよ。
ディンゴ
Dingo
ディンゴは凶暴な性格の肉食犬です。 その起源は昔アボリジニが大陸に連れてきた犬が野生化したのが始まりです。その凶暴さは羊まで襲ってしまう恐ろしいものです。
タスマニアン・デビル
Tasmanian Devil
ちょっと聞くと恐ろしい名前ですが実はおとなしい性格です。 見た目は子犬のような感じ。タスマニアに住んでいるタスマニアン・デビルは毛皮から骨まで何でも食べてしまう最強の肉食獣です。
ウォンバット
Wombat
夜行性の動物。モグラのような見た目です。 昼は巣穴で眠って夜になると草や根っこを食べに出かけます。ずんぐりしていますが走ると以外に早いです。
ポッサム
Possum
ポッサムはシドニーの市街地でもたまに見ることができる小さな狐のような動物。 夜行性の小型有袋類で別名はフクロギツネと呼ばれます。
エミュー
Emu
エミューはダチョウのような陸上を走る鳥。 その昔翼が退化して飛べなくなったのが起源といわれています。ただしエミューの走る速度は自足40km。迫力満点です。
クッカバラ
Kookaburra
白と黒の羽に覆われた鳥です。鳴き声が人の笑い声に似ているので面白いです。 別名ワライカワセミとも呼ばれています。


タロンガ動物園(Taronga Zoo)の基本情報

住所:Bradleys Head Rd., Mosman
TEL:02-9969-2777
営業時間:9時〜17時
行き方:サーキュラキーの2番のワーフから30分に1本フェリーサービスあり。所有時間は約12分。
入場料金:大人44ドル,子供(4〜15歳)22ドル,4歳未満入場無料
公式ウェブサイトタロンガ動物園



シドニーのクラシファイドサイト
シドニー宿泊
コミュニティ
食べる・飲む
見る・遊ぶ
旅行の前に
シドニー現地情報
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

ようこそシドニーをお気に入りに追加
はてなブックマークに登録


Copyright © 2007-2012 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!