ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > シドニー観光スポット > ロックス(Rocks)
ロックス(Rocks)

下記の黄色いマーカーがロックスの位置になります。そのほかのシドニーの観光スポット(赤いマーカー)やホテル(Hのマーカー)も地図から簡単に把握できます。 ロックスはシドニーでも歴史のある街並みで観光に人気があります。元々はイギリスから送られてくる囚人の町でした。 ロックスのホテルも歴史を感じられる趣のあるホテルが多いので日本からの観光者に人気のあるホテルが多いです。





ロックスはサーキュラキーの西側に位置してハーバーブリッジの正面に広がります。 シドニーの代表的な観光地であり毎日多くの人でにぎわっています。
もともと、オーストラリアは白人社会でしたがロックスはその白人オーストラリアの発祥の地と呼ばれています。 1788年1月にイギリスからアーサー・フィリップが率いる最初の移民船団がシドニーハーバーに入港しました。 なのでロックスは歴史的にオーストラリア開拓の始めての土地であり、 今でも開拓時代の古い町並みや建物が残っているシドニーの観光名所です。
ロックスのエリアは小さいけれど、レストランやパブ、教会やホテル、かわいいお店などが集まっているのでブラブラとシドニーを観光するのに最適です。 週末にはロックス・マーケットがオープンするのでちょっとしたお土産を買うのにとっても便利。 ただし観光名所だけあってロックスでお土産を買うと少し高くつきます。 学生など安く済ませたい方はチャイナタウンのパディスマーケットの方がいいかもしれませんが、 お土産のクオリティは断然ロックスマーケットの方がいいです。(シドニーでお土産を購入を参照)
また、ロックスは観光地ということもありホテルもたくさんあります。 ほとんどのロックスのホテルは5つ星で一般的に一流ホテルと呼ばれるものが多いです。 新婚旅行など少し贅沢に過ごしたい人はロックスに滞在すると良い思い出になると思います。



ロックスの町並み
ロックスの裏通りにある階段 昔ながらの石造り、細い道、階段、歴史ある家が並んでいます。ロックスの正しい楽しみ方はずばりブラブラすること。 ロックスは町全体が巨大な迷路のようになっています。 裏道の階段とか小さな小道とか気のむくままにブラブラして街の雰囲気を体で味わってください。
ロックスの代表的にはウォーキングコースはまず東西に走るアーガイル・ストリート(Argyle Street)を歩きます。 アーガイル・ストリート(Argyle Street)沿いにはアーガイル・デパートメントストア(Argyle Department Store)がありますが、 アーガイル・デパートメントストア(Argyle Department Store)は昔に保税倉庫で使用されており今でもその雰囲気が残ります。 アーガイル・ストリート(Argyle Street)から次はプレイフェア・ストリート(Playfair Street)に進みましょう。 プレイフェア・ストリート(Playfair Street)はちょっとしたモールになっていてカフェやお土産屋などがずらりと並んでいます。 また通り沿いのロックスセンターはショッピングセンターになっていて2階にはビジターセンターもあるので地図なども入手できます。

アーガイル・カット
ロックスのアーガイル通りにあるトンネル ロックスの歴史的見所と言えばここなのでしょう。 一見ただの汚いトンネルです。薄暗くて治安もいいのかなぁなんて不安になってしまうトンネルです。 自分も最初に見たときは『きたねぇトンネルだなぁ』ぐらいにしか思いませんでした。 無知とは怖いものですね。実はこのトンネル、アーガイル・カットと言われて歴史的にも非常に価値のあるトンネルなのです。 オーストラリアはイギリスから島流しの刑にあう囚人達が送られてくる流刑島だったのです。 このアーガイル・カットは1843年から1867年の間にオーストラリアに渡った囚人達によってハンマーとノミだけで作られたトンネルなのです。 現在のように機械とかを使用しないでハンバーとノミだけなのです。それを考えるとこんなに汚いのも納得いきますよね。 なので是非この歴史的背景を知ってからロックスのアーガイル・カットを訪れてください。きっと見方が変わりますから。 ちなみにこのアーガイルカット、映画「マトリックス」のロケ現場で使われたことがあるらしいのでマトリックスファンの方にもオススメです。

シドニー・ハーバーブリッジ
シドニー・ハーバーブリッジはロックス(Rocks)から対岸のミルソンズ・ポイントまで歩いて渡ることができます。 歩行者用道路からはオペラハウス、サーキュラーキー、シドニー湾の素敵な景色が見えて、天気のいい日は本当に気持ちいいです。 対岸まで渡ったらぜひ見てほしいのが対岸からのオペラハウス&シティーの景色。 ハーバーブリッジ下の海沿いに公園があるので、そこからの眺めがおすすめです。

ロックス・マーケット
週末にジョージ・ストリートに開かれます。白いテントが張ってあるので雨の日も大丈夫。 お土産物、かわいい小物、食べ物などが売られています。

ロックス・マーケットの入り口付近
ロックス・マーケットの入り口付近
ロックス・マーケットの出店で売られてる物
ロックス・マーケットの出店で売られてる物そのA「置き物」
  ロックス・マーケットの出店で売られてる物
ロックス・マーケットの出店で売られてる物その@「めがねケース」
ロックス・マーケットの出店で売られてる物
ロックス・マーケットの出店で売られてる物そのB「絵」


ロックス・マーケットはお洒落な店が並んでいるのでお土産を買うのにぴったりの場所です。 ただ、平均的にはちょいと高いので安くお土産を買いたい人はチャイナタウンのパディスマーケットに直行しましょう。


ロックス(Rocks)のパブ
ロックス(Rocks)には歴史のあるお洒落なパブがたくさんあります。
ロード・ネルソン・ブリュワリーLord Nelson Brewery Hotel、 オーストラリアン・ホテルAustralian Hotel、ハリケーンなどロックス(Rocks)には老舗・有名パブ、 そしてベルギービールのBelgian Beer Cafe Heritageや ドイツビールのLowenbrau Kellerなどヨーロッパのビールカフェがたくさんあります。 ビール好きの人はパブ巡りをするのも楽しいはず。 シドニーでは昼間からアルコール飲む人もOKなので、ランチはパブ、喉が渇いたらパブで休憩、そしてディナーもパブもできたりします。
ロックス(Rocks)のパブページも参考にしてください。


ロックス(Rocks)のアクセス方法
サーキュラーキーから徒歩で5~10分。 タウンホールからジョージ・ストリートGeorge Street沿いにまっすぐ歩いて徒歩で20分。

ロックスは観光スポットなためレストランやお店の値段は他にくらべて高め設定なので、食べに行く機会はなかなかないです。 でも雑誌などに紹介されてるお店がたくさんあるので、お金に余裕があれば行ってみたいです。


ロックス(Rocks)のホテル
ロックスに滞在するのはシドニー観光で定番の方法の一つです。 オーストラリアの歴史的開拓地に寝泊りすることでシドニーの歴史を体で感じることが出来ます。 ただし、ロックスは観光地という事で若干お値段も高め。 高級ホテルのシャングリラホテル(Shangri-La Hotel Sydney)ホテルパークハイアット シドニー(Park Hyatt Sydney)などの一流ホテルがそろっています。 同じく5つ星のオブザーバトリーホテル シドニー(Observatory Hotel Sydney (The))の下にはシドニーの高級レストランとして名高いガリレオレストランもあります。 (ただしガリレオレストランは管理人の中でそこまで評価は高くありませんが。。。)
総評してロックスのホテルは全体的にサービスや満足度も高めですが値段も高め。 ただしシドニー旅行に来たら是非一泊はロックスのホテルに滞在してほしいです。 ロックスエリアのホテルはロックスのホテルに詳細をまとめてあります。


シドニー宿泊
見る・遊ぶ
食べる・飲む
旅行の前に
シドニー現地情報
コミュニティ
シドニーのクラシファイドサイト
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

Copyright © 2007-2018 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!