シドニー郊外のおすすめ観光エリアのハンターバレーHunterValley。ハンターバレーHunterValleyはシドニー郊外にある有名なワイナリー地帯。シドニー現地の魅力を楽しむ個人旅行
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > シドニー近郊エリア > ハンターバレーのおすすめワイナリー
シドニー近郊エリア:ハンターバレー(HunterValley)のおすすめワイナリー

ハンターバレーにはワイナリーが大小80軒ほどあります。 大人数収容できる大きなワイナリーから家族経営のブティックワイナリー、歴史のあるワイナリーから最近できたばかりのワイナリーまで、 それぞれに個性豊かで、雰囲気もサービスも違います。


決してワイン通じゃないんだけど、ハンターバレーはかなりお気に入りスポットで何度も足を運んでるので、それなりにおすすめのワイナリーを紹介します。 ただ、ワイナリーはその人の趣味や好みに大きく左右されます。 もし以下に掲載していないワイナリーでおすすめのワイナリーがありましたら、ぜひ紹介してください。

ハンターバレーには非常に多くのワイナリーが集まっていて一日では決して全てを見ることはできません。 ハンターバレーについたらインフォメーションセンターにより、対応してくれる人に人気の高いワイナリーを聞けば大体親切に教えてくれます。 いくつかターゲットを定めたら時間が許す限りできるだけ多くまわってみてください。 ランチタイムには購入したワインとクラッカーやチーズとともに公園のベンチに座ってのんびりした時間を過ごすととても快適です。
 ハンターバレーの大手のワイナリー
置いてるワインの種類が豊富で、大人数収容できるワイナリー。大手のワイナリーって次から次へとお客さんが入ってくるのでお店の人も忙しく、誰がどんだけ飲んだかなんて覚えてなさそうなんで、ワインのテイスティングだけして買わずに帰りやすいんですよ。 ワイン以外にワイン関連のグッズを販売してたり、お洒落なレストランが併設されてるところも多い。

マックギガン(McGuigan)

大収容できるワイナリー、チーズ屋に隣接
ハンターバレーでもかなり人気のワイナリー。入口付近には各国の国旗が飾ってあります。お隣はチーズファクトリーになってて、もちろんチーズもテイスティング可能。気に行ったチーズとワインを買ったら、のんびり自然を眺めながらランチしましょう!私自身もハンターバレーに行くと、必ずこのワイナリーの隣でチーズを買って、見晴らしのいいところでランチします。
ハンターバレーの大手ワイナリー:マックギガン(McGuigan)ワイナリー
無駄なスペースありすぎなぐらい、めちゃ広い店内
マックギガン(McGuigan)の店内の様子。写真のもっとさらに奥にテイスティング用ルームがあって、スタッフもいっぱいいます。 お客さんの数もスタッフの数も多いし、どんどんお客さんが入ってくるから、うーん気に行ったワインがないけどテイスティングだけしてワイン買わないで帰りずらいなあ、って全然気にしなくていいのが嬉しい。
ハンターバレーの大手ワイナリー:マックギガン(McGuigan)ワイナリーの店内
ワインの種類豊富、ワイン詰め合わせダース買いがお得
マックギガン(McGuigan)のワインは町のボトルショップでもたくさん売ってるけど、ハンターバレーのお店でしか売ってないワインもたくさんあります。写真の2本はハンターバレーでしか買えないワインとかで、1本20ドルちょっと。そしておすすめなのがワインの詰め合わせ1ダースセットで、ある程度好きなワインを白も赤も合わせて12本選ぶことができます。一度買って帰ったんだけど、値段がかなりディスカウントされてお得!飲み会に持ってたりして、かなり諜報しました。
ハンターバレーの大手ワイナリー:マックギガン(McGuigan)ワイナリーのワイン

マックウィリアムス・マウントプリーザント(McWilliam's Mount Pleasant)

ハンターバレーの老舗ワイナリー
たくさんのワイナリーが集まるエリアからはちょっと離れた山の中腹にあります。ここもかなり人気なワイナリーでワインの種類もかなり豊富。賞も数多く受賞しているみたいです。かなり高価なワインも気前よく試飲させてくれて、やっぱ高級なワインはやっぱうまかったなあ。まとめ買いすると日通で日本まで送ってくれるサービスあり。併設されてるレストランでランチしてる人も多いですが、私は食べたことないないです。
ハンターバレーの大手ワイナリー:マックウィリアムス・マウントプリーザント(McWilliam's Mount Pleasant)

Pooles Rock

モダンなワイナリーで隣りにはお洒落なカフェ&レストラン
まず手前にお洒落なレストラン&カフェがあります。店内はお洒落でガラス張り、眺めはそれほどいいってわけじゃないかな。その奥にワイナリーがあります。テイスティングしたワインを飲まないですてる桶が店内の中央にしかないので、飲みたくない時はちょっと面倒。普通はカウンターテーブルの上に桶があるんだけどね。スタッフはそれほど親切じゃあないかなあ。
ハンターバレーの大手ワイナリー:Pooles Rock

ハンガーフォード・ヒル (Hungerford Hill Wines)

モダンな雰囲気、併設されてるレストランもお洒落
ハンターバレーのインフォメーションセンターの近く、シャンパンで有名なワイナリーの向かい側にあるモダンなつくりのお洒落なワイナリーです。ワインボトルの絵柄が金魚だとか鳥籠だとか、かわいいので女の子に喜ばれそう。 併設されてるレストランはハンターバレーでも有名レストランのひとつらしく、めちゃ明るくてモダンな雰囲気でした。こんなところで食事したいぜ。
ハンターバレーの大手ワイナリー:マックウィリアムス・マウントプリーザント(McWilliam's Mount Pleasant)

ピーターソン・ハウス(Peterson House)

スパークリングワイン専門のワイナリー
スパークリングワインに特化したワイナリーで、ハンターバレーではかなり有名なため、いつも人がいっぱいです。 私はいつもシドニーから2時間ほどドライブした後にインフォメーションセンターでハンターバレーの地図をもらった後に、あー喉が渇いたなあって状態で最初に行きます。目の前はハンガーフォード・ヒル (Hungerford Hill Wines)、 お隣はチョコレート・ファクトリーです。
ハンターバレーの大手ワイナリー:ピーターソン・ハウス(Peterson House)
ピンク色のスパークリングワインはかわいいから女性へのプレゼントに喜ばれます
店内はそれほど広くなくて、天井が高くて木でかわいい感じ。スタッフはあまり親切じゃなくてぶっきらぼう、そして毎回のことなんだけどテイスティング用グラスが汚れてたりします。 なんてネガティブ面ばかり書いたけど、スパークリングワイン自体はおいしいのでぜひ立ち寄ってみてください。淡いピンク色のスパークリングワインは超かわいいので女性へのお土産に絶対喜ばれます。ピンクのTシャツとかプレゼントグッズとか、最近ワイン以外の売り上げにも力入ってるみたい。
ハンターバレーの大手ワイナリー:ピーターソン・ハウス(Peterson House)の店内
オーストラリア名物の赤いスパークリングワインもぜひ
ピーターソン・ハウス(Peterson House)は船のマークが目印。右の写真がピーターソン・ハウス(Peterson House)の赤ワインのスパークリングワイン。赤ワインなんだけど、ほんのり甘くってさっぱりおいしいです。赤ワインのスパークリングワインはオーストラリアならではの珍しい飲み物なので、ぜひお試しください!!おすすめ。
ハンターバレーの大手ワイナリー:ピーターソン・ハウス(Peterson House)の赤いスパークリングワイン

オードリー(Audrey)

ハンターバレーの老舗ワイナリーのひとつ
ハンターバレーで最初にできたワイナリーのひとつ。あんまり目立った場所にないので見逃しがちだけど、丘を少し登って行ったところにあります。建物がかなり大きく、団体客用のワインテイスティングルームがあったり。建物がかわいい。
ハンターバレーの老舗ワイナリー:オードリー(Audrey)の建物
オードリー(Audrey)のワイナリー内
ワイナリー内の雰囲気は明るく広いです。大きなワイナリーにはカフェとかレストランが併設されてる場合が多いんだけど、ここのワイナリーはなかったです。
ハンターバレーの老舗ワイナリー:オードリー(Audrey)のワイナリー内
なんといっても眺めが素晴らしい!
オードリー(Audrey)のワイナリーはなんといっても眺めがいい。小高い丘の上にあるのでバーンとハンターバレーが一望できます。 お弁当を持ってきた場合はここでランチを食べるといいです。こんな景色を見ながらランチなんて最高!
ハンターバレーの老舗ワイナリー:オードリー(Audrey)からの景色
ランチ用に白ワインを購入
オードリー(Audrey)に着いたころにランチタイムになったので、そろそろランチ用のワインを買わないとってことで、ここで白を1本買いました。ワイナリーのスタッフに買う時に冷えてるのが欲しいというと、冷えてるのを持ってきてくれます。ラベルのデザインはそれほどカッコよくないかなあ。。。
ハンターバレーの老舗ワイナリー:オードリー(Audrey)からの景色


ロッシュ(Roche)

ハンターバレーのど真ん中、ワイナリーとは思ないぐらいモダンな建物
ハンターバレーでこれほど立地がよくて交流量の多い場所はないんじゃないかな。チーズファクトリーとMcGuiganはすぐ近所。外観も建物のなかも、すごくモダンです。モダンでお洒落なのはあまり好きじゃないので、どっちかというと素朴な感じのほうがいいので、1回しか行ったことないです。
ハンターバレーの大手ワイナリー:ロッシュ(Roche)

De Bortoli

モダンな雰囲気の店内、グッズ販売も豊富
ハンターバレーのインフォメーションセンターの近くにあるワイナリー。いつも近所のピーターソン・ハウス(Peterson Houseとかチョコレート屋に気が取られてて、最近やっとここの存在を知りました。店内はモダンな感じになってて、グッズの販売もあります。
ハンターバレーの大手ワイナリー:De Bortoli

Adina

Lovedale側にあるワイナリーで、オリーブの試食コーナーあり
モダンな雰囲気のワイナリーで、閉店間際に入ったんだけどいろいろワインのテイスティングをさせてくれました。店内の一角にはオリーブの試食ができるコーナーもあるので、ここはぜひ、ワインを飲む前か後にオリーブを召し上がったください。
ハンターバレーの大手ワイナリー:Adina

 ハンターバレーの小さなワイナリー
ハンターバレーには家族経営のワイナリーもたくさんあります。こじんまりとしているためスタッフが1,2名しかいなく、作ってるワインやテイスティングできるワインの種類も少ないです。お店のスタッフと話ながらワインを飲む、アットホームな雰囲気が多いかなあ。

スカボロ(Scarborough)

座ってゆっくりと白から赤そしてデザートワインへ、ワインを一通りテイスティング
建物がかわいい家族経営のワイナリーで、看板にはChardonnayとPinot Noirのスカボロ(Scarborough)と書かれてるのでこの2種類がウリなんでしょう。 このワイナリーのおすすめな点は、椅子に座ってゆっくりとワインのテイスティングができるところで、ワインの種類が書かれた紙の上にワイングラスがズラっと7,8個ぐらい並べてくれて、どんどん白ワインと赤ワインとデザートワインまでテイスティングできます。 この方法だとどれがどのワインだったか非常にわかりやすいから、いざワインを購入する時にどのワインがよかったか困惑することがなくていいですよね。私はここのデザートワインが大好き!!! ちなみに、ここの女性用トイレは必見。めちゃくちゃかわいい。
ハンターバレーのワイナリー:スカボロ(Scarborough)ワイナリーで試飲したグラス

リトルズワインズ(Littles Wines)

小さなワイナリー
タンクに書かれた「Littles Wines」が目印。いつもおばあちゃんが1人で店番しているアットホームな雰囲気。 冷蔵庫なんかも普通に家庭で使ってる冷蔵庫だし、今こんなセールやってますってチラシも家のプリンターで印刷したものだし。 ワイン自体はそれほど好みじゃないけど、なんかホッとする感じの癒し系ワイナリーです。
ハンターバレーのワイナリー:リトルズワインズ(Littles Wines)

ム−アバンク(Moorebank)

オーガニックワインあり、素朴な感じが素敵
家族経営の、オーガニックワインのワイナリー。スリムなボトルの赤ワインが人気らしい。 スタッフが1名いるだけで、いろいろ気軽に話しながらワインが楽しめる。日本人もたま〜に来るらしい。店は木造でひんやりと薄暗い雰囲気だけど、昔っぽい雰囲気でなかなか味があって、モダンなのよりこういうほうが落ち着くよなあ。
ハンターバレーのワイナリー:ム−アバンク(Moorebank)
自家製ジャムやスパイシーグレープソースもおいしい
ム−アバンク(Moorebank)はワインもいいけど、自家製のスパイシーグレープソースが有名とか。 ワインテイスティングする際にクラッカーにこのスパイシーグレープソースを乗せて試食させてくれます。 このスパイシーグレープソースのレシピはこちらのご家庭に1900年初期頃から代々伝わってきたものらしく、 手で摘んだグレープだけを使って作ってるらしい。 甘いんだけどちょっとだけピリっとして、お肉やエビやカナッペなどいろんな料理に使えるらしく、 知人がいろいろ使えると大絶賛してたので、今回私も購入しました。小瓶で17ドルだったかな。いっぱい入ってるのでなかなか減らないから、ある意味お得です。
ハンターバレーのワイナリー:ム−アバンク(Moorebank)のスパイシーグレープソース

ブティックワインセンター(The Boutique Wine Center)

小規模ワイナリーのワインが買える
小さなワイナリーを幾つかまとめて扱ってるワイナリー。場所はハンガーフォード・ヒル (Hungerford Hill Wines)から少し行ったところで、 見逃しそうに小さいから気を付けて!ブティックワインセンター(The Boutique Wine Center)ではGlenguin EstateやMeerea Parkといった 小さなワイナリーながら評価されてるワインを置いてます。お店のおばさんはそれほど愛想のいい感じじゃなくて、行った日はお客の入りが悪いから新しいワインのボトルを開けたくないとか言ってて、どっちかというと少しケチっぽかったかも。
ハンターバレーのワイナリー:ブティックワインセンター(The Boutique Wine Center)の外観、白くてかわいい
半ダースでも割引き料金で販売してくれます
ブティックワインセンター(The Boutique Wine Center)には赤ワインがたくさん揃ってました。今回はMeerea Parkの赤を購入。 ハンターバレーのワイナリーは1ダース買うと安くなるところが多いけど、ここは半ダース(つまり6本)買っても安くしてくれます。 しかもワインは1種類だけでなくどのワインボトルをミックスしてもいいのがナイスです。以前にシドニーのウォーターマークへ食事に行ったら、来週はMeerea Parkのワインと食事できるよ、みたいなこと言われました。私はワインのことは詳しくないけど、Meerea Parkって知名度あるのかな?
ハンターバレーのワイナリー:ブティックワインセンター(The Boutique Wine Center)で買ったMeerea Parkのワイン

Tamburlaine Wines

オーガニックワイン専門のワイナリー
ハンターバレーのワイナリーでもオーガニックワインを売ってることで有名なのがTamburlaine Wines。 店内はそれほど広くないけど、いつもかなり混んでる人気店のひとつ。場所はマックギガン(McGuigan)の近くになります。 日本人旅行者も訪れるらしく、日本へ空輸便できるって看板も出てました。オーガニックなワインなので、他のワイナリーよりやや値段設定が高め。
ハンターバレーのワイナリー:ハンターバレーのオーガニックワイナリーとして有名なTamburlaine Wines
オーガニックワインなので比較的少しだけ高いけど、いつも賑わってます
写真はTamburlaine Winesの白ワイン。ランチとして飲みたかったので冷えてるのが欲しいといったら、気前よく冷蔵庫から出してくれました。 ここではデザートワインも試したけど、オーガニックだからなのか普通のデザートワインよりもさらさらとして白ワインのちょっと甘いバージョンみたいで飲みやすかった。 普通のデザートワインは濃厚な甘さでそれほど量が飲めないけど、ここのデザートワインは飲みやすいぶんグイグイ飲んじゃいそうで、ダイエット中は危険です。
オーガニックの白ワイン

ピーコックヒル(Peacock Hill)

お洒落で小さなワイナリー
見晴らしのいいなだらかな丘の上にある、 赤オレンジの看板が目印のワイナリー。ちょうど行った時に、丘の上を3匹のカンガルーがぴょんぴょん跳ねてるのが見えました。家族経営のワイナリーで、おじさんが気さくでおしゃべりだった。日本人向けの雑誌にも最近紹介されたらしく、日本人だって話しをしてたら切り抜きを 持ってきてくれたりして、随分長いしてしまいました。
ハンターバレーのワイナリー:ピーコックヒル(Peacock Hill)の入り口
いろんな種類をミックスしても合計金額の10%引き
ピーコックヒル(Peacock Hill)では多分、全種類テイスティングしたような気が。。。これは北京ダックにあうとか、それぞれのワインにあう食べ物を具体的に教えてくれたりして、 あーそういえばなるほどなんてうなずきながら飲んでて、しっかりデザートワインまでいただいた頃にはかなり酔いがまわってました。 このワイナリーはダース買いする場合、いろんな種類のワインをミックスしてもOKで、全体の値段の10%割引になります。おーこれはいい!ってことでダース買いしました。
ハンターバレーのワイナリー:ピーコックヒル(Peacock Hill)で買ったワイン

ローズマウント(Rosemount)

うす紫色の建物が目印
ここのワインは近所のボトルショップでも見かけることがあります。最近よく「O」っていうここのワインボトル、町のボトルショップで見かけるなあ。ハンターバレーでも最近かなり人気なようです。 建物がうす紫色なので、結構目につきます。 私が行った時は閉店間際というのにかなりな賑わいでした。で、なぜかその時は店内のお客さんが全てアジア系で、これってかなり珍しいよね。 6本セットのお買い得価格サービスなんかもあったりして。個人的には買ったことないですが、とりあえず人気みたいです。
ハンターバレーのワイナリー:ローズマウント(Rosemount)

ブルーベリーヒル(Blueberry Hill Vineyard)

こじんまりとした素朴な雰囲気のワイナリー
こじんまりとしたブティックワイナリーで、建物がかわいいです。裏は宿泊施設かなにかになってるっぽい。 ワインの種類は数種類しかありません。気さくな感じのおじさんがひとりで店番してました。かなりのワイナリーをまわった後に訪れたので、 どれもこれもめちゃくちゃおいしく感じたけど、これって酔っ払いのせい?それともワインが本当においしいせい?
ハンターバレーのワイナリー:ブルーベリーヒル(Blueberry Hill Vineyard)の入り口
30ドルぐらいのワインしか置いてないけどおいしかった!
右の写真はブルーベリーヒル(Blueberry Hill Vineyard)で買った赤ワイン(35ドルぐらい)。で、ほろ酔い加減でない、後日にこの赤ワインを飲んだんだけど、めちゃおいしかったよ〜。買った時はほろ酔いでよくわからなかったけど、やっぱおいしかったんだなあって。 ここのワインはぶどうに囲まれた女の人が目印。ここのワインは他よりも少し高めで30ドル台でした。
ハンターバレーのワイナリー:ブルーベリーヒル(Blueberry Hill Vineyard)の赤ワイン

ペッパーツリーワインズ(Pepper Tree Wines)

お店がかわいいから女性が好きそうな雰囲気
緑に囲まれた木造の建物がかわいい雰囲気のワイナリーで、外観は女性が好きそうな感じ。 ペッパーツリーの隣りには人気レストランのロバーツRobertsがあります。 私自身は行ったことないけど、お値段は高いけどハンターバレーでもおいしいと評判なので一度は行きたいよ〜! 誰か連れてってください〜。建物の入り口はこんな感じ。なんか絵になるよなあ。
ハンターバレーのワイナリー:ペッパーツリーワインズ
オーストラリア国内でもブティックワイナリーとして有名
店内は結構広めでいつも数人のスタッフが働いています。人気ワイナリーなので週末に行くと必ず誰かお客さんがいます。
ハンターバレーのワイナリー:ペッパーツリーワインズ


Ivanhoe

花のような香りが女性好み
ここのワインはボトルのデザインがなかなかお洒落で、先日このIvanhoeで買った白ワインボトルはガラスが水色でした。 ここのワインはなんだか香りが他とは違って、花のようなにおいがするものとかもって、女性に喜ばれそう。ワインはまあ手頃な値段で結構おいしいく飲めます。 プレゼント用としてワインボトルに名前やメッセージを彫ってくれるけど、結構値段は高いからちょっと手がでません。。。
ハンターバレーのワイナリー:Ivanhoeのワイナリーの前

Tinklers

素朴な雰囲気、おすすめのブティックワイナリー
こんな目立たない場所にワイナリーがあるなんて知らなかったです。周囲のモダンなワイナリーとは逆路線の、木造建物のちょっと暗めでひんやりと、ひっそりとした雰囲気。何度もハンターバレーのワイナリーに来てこの辺りはいつも通ってたけど、今回初めてこんなワイナリーがあるって気づいたよ。結果からいうと、おすすめです!ぜひ、行ってみて。
ハンターバレーのワイナリー:Tinklersのワイナリーの前
おじさんが親切でいろいろと説明してくれます
カウンターは小さく、週末というのにスタッフはおじさん一人。このおじさんが親切で、最初に「ワインのことは知ってるほう?」と聞いてきたので「飲むけど知識はないです、、、」っていうと、まず白ワイン数種類そして赤ワイン数種類と、ワイン・テイスティングしながら色々と説明してくれました。シャルドネとか樽の話とか、へーって感じでなんか面白かったな。ここのワイナリーで2本ワインを買うとお店の名前がプリントされた袋にいれてくれて、この袋はレストランへワインをBYOする時に愛用してます。
ハンターバレーのワイナリー:Tinklersのワイナリー内
Tinklersのワイン
写真はTinklersのワイン。素朴な絵柄がかわいい感じ。このVolcanic Ashは甘めでワイン初心者にも飲みやすい味です。 ちょっと飲んじゃおっかな〜って開けたら、おいしいからついつい飲んでしまって結局1本すぐに空いてしまいました。
ハンターバレーのワイナリー:Tinklersのワイン

Saddlers Creek Winery

賞も受賞してるブティックワイナリー
ブティックワイナリーで外観は素朴な感じなんだけど、店内のカウンターは結構モダンにしてます。Lower Hunterに位置してるためどちらかというと車がブイブイ走ってくハンターバレーの中心街からは離れてるので行く機会が少ないかもしれないかなあ。でもいい感じのワイナリーなので、行ってみてくださいな。
ハンターバレーのワイナリー:Saddlerのワイナリーの入口
テイスティング用のワインにもちょっとでもダメなのは出さないっぽい
カウンターでテイスティングしてたら、スタッフのおばちゃんがロゼのワインボトルを開けるなり、「ちょっと匂いどう?」ってもう一人の若いスタッフに聞いてて、ワイングラスに注いで匂いを嗅いで一口飲んですぐ、「あ、ダメダメ」って言ってて。「うわー、かっこいい〜」なあ。プロってすげーって。ちなみに、このワイナリーは白ワインのどれかで賞を受賞したらしいですが、どの種類かは忘れました。
ハンターバレーのワイナリー:Saddlerのワイナリー
Saddlerのセミヨン(Semillon)
Saddlers Creek Wineryはセミヨン(Semillon)がおすすめらしいです。というわけで購入してみました。 まだ飲んでないので早く飲みたいな〜
ハンターバレーのワイナリー:Saddlerの白ワイン セミヨン(Semillon)

ピーターソンズ(Petersons)

家族経営の蔦が絡まるこじんまりとしたブティックワイナリー
マウント・ビュー・ロード(Mount View Road)沿いにあるブティックワイナリーで、ハンターバレーでも人気のワイナリーのひとつ。 小さいワイナリーながら、最初のお客さんが帰りそうになると次のお客さんが来てという具合で、いい感じ店内が賑わってます。お店のおやじもいい感じで、気さくに話しかけてきて、ついついワインを飲んでしまいます。ハンターバレーのワイナリーのなかでは少し高めのワインが揃ってます。山の上にある蔦の絡まる小さなワイナリー、なんかいい雰囲気ですわ。
ハンターバレーのワイナリー:ピーターソンズ(Petersons)のワイナリーの入口

Lakes Folly

ハンターバレーで最初のブティックワイナリー
ここはハンターバレーで最初にできたブティックワイナリー!場所はハンガーフォード・ヒルとかの近くです。 ワイナリーの建物は本当に小さくて、なんかちょっと小屋(?)みたいですが、オーストラリア国内では結構人気とか。建物も店内もおしゃれとかモダンとかって要素は微塵もなく、樽の上にワイングラスが置かれてたりします。お店のおじさんもいたって普通のおじさん。しかも毎年ここで作るワインは赤が1本、白が1本というからすごい!
ハンターバレーのワイナリー:Lakes Follyのワイナリーの入口
毎年赤1本、白1本しか作ってないらしい
今回はテイスティングできるワインは赤ワイン1種類だけだったので、とりあえずそれを試飲してみました。おいしい!でも飲み比べるっていう楽しみがないから、ちょっとさみしいなあ。写真はワイナリーのブドウ畑にたってた看板。
ハンターバレーのワイナリー:Lakes Follyのワイナリーの入口

Major

Lovedale側にあるレストラン併設のワイナリー
レストランが隣に併設されてるワイナリー。レストランがあるからちょっと高級な雰囲気なのかと思ったら、そうでもなかったです。 インフォメーションセンターでもらった地図によるとスモーク・ハウスもあるって書いてたんだけど、なんのことはない、ハムやらサラミが入った冷蔵庫があるだけでした。ちなみにこの冷蔵庫に入ってるサラミなどは購入できます。
ハンターバレーのワイナリー:Majorの外観
ワイナリーで飲むデザートワインってなんでこんなにおいしいんだろう。。。
ワインは期待してなかったぶん意外とおいしかったかも。隣りでワイン・テイスティングしてたオージーのオヤジが赤ワインとかめちゃワイン通っぽいコメントしてたんで、きっとかなりのワイン好きに違いないって思ってたんだけど、デザートワインを一口飲んだとたんに「うんめ〜〜〜〜え」って超感動してて、結局このおやじはデザートワインをダース買いして、ニコニコ笑顔で帰ってきました。デザートワインをダース買いする人、初めて見たけど、デザートワインって適温に冷えてるとめちゃくちゃおいしいよね〜〜〜。
ハンターバレーのワイナリー:Majorの中
Majorのセミヨン(Semillon)
私もおじさんみたいにデザートワインを買いたかったんだけど、デザートワインって買ってもなかなか飲む機会がないんですよね。せっかくなのでMajorではセミヨン(Semillon)を買いました。黒地に金色の文字がなんだかゴージャスっぽい。
ハンターバレーのワイン

エマズ・コテージ(Emma's Cottage)

エマズ・コテージ(Emma's Cottage)はカカシが目印
エマズ・コテージ(Emma's Cottage)の目印は道端のカカシ。入口には写真のような人形が置かれてます。 店番をしている人がエマさんといってアーティストでもあるらしく、お店の壁にかかってる絵やワインボトルのシールのデザインなんかも彼女がやってるらしい。
ハンターバレーのワイナリー:エマズ・コテージ(Emma's Cottage)のワイナリー入口の看板
ワイナリーで飲むデザートワインってなんでこんなにおいしいんだろう。。。
店内は小さくてまさにブティックワイナリーって雰囲気。ワインの種類もあまりないので、全種類飲んでも4つぐらいだったかなあ。 前述のお店番をしているエマさんは人あたりもよく親切なので、ついワインを買ってしまおうかって気分になります。確かにワインはおいしかったよ。
ハンターバレーのワイナリー:エマズ・コテージ(Emma's Cottage)のワイナリー建物
ワインボトルのラベルはワイナリーのおばさんが描いたもの
ここのワインボトルのラベルはワイナリーのおばさんが描いた絵を使ってます。写真のボトルもおばさんによるもので、ワインによって絵が違います。白ワインもおいしかったけど、なんだか白ワインばかり購入していたので、赤ワインのシラーズ(Shiraz)を購入しました。
ハンターバレーのワイナリー:エマズ・コテージ(Emma's Cottage)のワイン

サバンナ(Savannah)

かわいい建物が目にとまります
ピーターソンズ(Petersons)を探して車で走ってる時、かわいい建物が目についたので、なんとなく入ってみました。 ワインの種類は全部で5種類ぐらいでした。ワイナリーのおばさんは結構愛想がよかったかな。
ハンターバレーのワイナリー:サバンナ(Savannah)のワイナリー建物
ここではLate Harvest Traminerを買ってみました
ここではLate Harvest Traminerを購入。ハンターバレーではついセミヨン(Semillon)やシラーズ(Shiraz)を買ってしまいがちなので、なんかちょっと違う種類のワインが買いたくて。このワインもまだ飲んでないんですよね。早く飲みたいな。。。
ハンターバレーのワイナリー:サバンナ(Savannah)のワイン

 番外編 ハンターバレーのビール
ハンターバレーでワインに少し飽きてきたら、ビールで口直し!

ブルータン・ブリュワリー&カフェ(blue tongue Brewery & Cafe)

ハンターバレー名物のブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)のビール・カフェ
ハンターバレーでワインばっか飲んでちょっと飽きてきたな、口直ししたいなって時に、おすすめなのがブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)。ブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)はハンターバレーにあるブティック・ビール屋で、ワイナリーのなかにビール工場と併設のビールカフェがあります。
ハンターバレーのブティックビール ブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)の外観
おすすめメニューはビールのテイスティングセット
ブルータン・ブリュワリーではブルータンのビールが飲めます。このビールカフェで誰もが注文するのが写真のようなビールのテイスティングセットで、ブルータンのビールが全部で6種類ぐらい少しずつ飲むことができます。ピルスナー、ラガー、ジンジャー、ライトなど飲み比べられて、私のおすすめはピルスナーかラガービールかな。
ハンターバレーのブティックビール ブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)のテイスティングセット
トライアルセットをオーダーすると気に入ったビールがグラスで飲めます
ブルータンのビール・テイスティングセットを飲み終わったら、次はどのビールが一番よかったか吟味します。 で、一番気に入ったビールはグラスでオーダーできるんです。テイスティングセットでもかなり満足できてるのに、さらにグラスビールが飲めてかなり満足できます。私はブルータンのピルスナーが気に入ったかな。
ハンターバレーのブティックビール ブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)
ボトルショップにはないピルスナーやジンジャーのボトルビールも買える
ブルータンのビールってボトルショップ(酒屋)でも売ってるけど、このハンターバレーのブリュワリーではなかなかお目にかかれないものを売ってます。例えばブルータン・ビールのピルスナーとかジンジャーとかなかなか見当たらないから、瓶で買っていくといいですよね。
ハンターバレーのブティックビール ブルータン・ビール(Blue Tongue Beer)は瓶でも購入可能

 ワイナリー以外のお店
ハンターバレーはワイナリー以外にも楽しみがあります。それはチーズそしてチョコレート!

オリーブオイルやワインの「ハンターバレー・ガーデンズビレッジ」

ワインやオリーブオイルが量り売り、色とりどりでかわいい
ハンターバレー・ガーデンズビレッジは公園、コーヒー屋、スパ、ワイナリー、チャペル、商店などが集まったエリアで、 ハンターバレーの中心あたりにある。のんびり休憩がてらお昼を食べたりお茶するのに便利。お店のひとつに面白いお店があって、 オリーブオイルやワインやウイスキーなど量り売りしてくれる。お店に瓶が売ってあるので好きなデザインの瓶を買って、ワインやらウィスキーやらを入れてもらう。 色とりどりな瓶がならんでて店の雰囲気がかわいい!味見できないのが残念。。。ワイナリーと同じようにテイスティングさせてくれればなあ。
ハンターバレー・ガーデンズビレッジ内のお店

チーズの「ハンターバレー・チーズファクトリー」

絶対に立ち寄るチーズ屋さん、チーズのテイスティングがたくさんできます
上のマックギガン(McGuigan)のすぐ隣りにあるチーズ屋。黒地に黄色でCHEESEと書いた看板が目印です。 お店の奥はちょっとしたお店になっててオリーブオイルとかクラッカーとかジャムが売ってます。
ハンターバレー・チーズファクトリー
チーズのテイスティングは常時5,6種類できます。試したいチーズがあればスタッフに言うとクラッカーにチーズをのせてくれます。チーズがどれもおいしいんですよね〜どれを買うかいつも本当に迷います。テイスティングしてお気に入りのチーズがあれば購入しましょう。やっぱワインにチーズはおいしいですよね。 ハンターバレー・チーズファクトリーでチーズのテイスティング

チーズの「ハンターバレー・スメリーチーズチーズショップ」

チーズの他にちょっとした食材やハム類・オリーブも買えて便利
ポコルビンのお店が数件並ぶ一角にあるチーズ屋。店内に入ると「臭っ!」といきなりチーズの匂いが充満。 チーズの横でアイスクリームも売ってるので、アイス目的で入って来た場合はびっくり。 テイスティングできるチーズの種類は少ないが、売ってるチーズの種類は多く、ブルーチーズもマイルドタイプやストロングタイプなどあり、ヤギのチーズなどもある。 奥にはかり売りのオリーブも売ってる。
ハンターバレー・スメリーチーズチーズショップ

チョコレートの「ポコルビン・チョコレート&ジャム」

チーズ屋のお隣りにあるチョコレート屋
チョコレートとジャムのお店で、上のハンターバレー・スメリーチーズチーズショップの隣りにある。 袋入りのチョコレートや板チョコから、チョコレートボンボンなどいろいろ。ジャムやオリーブオイルの試食もたくさんできる。
ポコルビン・チョコレート&ジャム

チョコレートの「ハンターバレー・チョコレートCo」

チリ味やミント味やキャラメル味などいろんなチョコレートあり
ハンターバレーにはいくつかチョコレート屋があるけど、このLovedale Road沿い(ハンターバレーの地図でいうと右側)のは中でチョコレートを作ってました。 珍しかったのがチリチョコで、食べるとピリッと辛いくせになる味。他にもエスプレッソチョコレートやコーヒー豆が入ったチョコレートやミントチョコレートなども。
ハンターバレー・チョコレートCo
チョコレート屋の店内。店内はチョコレートでいっぱい。オーソドックスなチョコレートから、キャラメル味のチョコレートやミントチョコレートからチリ味のチョコレートまで、大きさもいろいろ。苺やマシュマロにチョコレートをとろりとかけたのが売ってたりします。 ポコルビン・チョコレート&ジャムの店内

オリーブの「ハンター・オリーブ・センター」

オリーブオイルやバルサミコ酢などあらゆる種類の試食ができます
ワインのおつまみにあうのがチーズとオリーブ。ワインといえばチーズだけど、オリーブもすっごいマッチするんですよね。私もワインとオリーブの組み合わせが大好き。オリーブの味ってワインの深みをだしてくれるんですよね〜。ちなみにお隣りにはワインセラーがあります。
ハンターバレーのハンター・オリーブ
このハンター・オリーブではいろんな種類のオリーブが味見できたりします。パンにオリーブオイルをディップしてみたり、チャツネもあったり。いろんな味が試せて楽しいです。もちろん無料です!オリーブオイルにもチリ味とかワサビ味とかレモン味とかたくさんあって。つい食べ過ぎてしまいます。 ハンターバレーのハンター・オリーブの店内




シドニーのクラシファイドサイト
シドニー宿泊
コミュニティ
食べる・飲む
見る・遊ぶ
旅行の前に
シドニー現地情報
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

ようこそシドニーをお気に入りに追加
はてなブックマークに登録


Copyright © 2007-2012 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!