グレートバリアリーフに浮かぶウィッツサンデー諸島。個人的におすすめの旅行先で特にホワイトヘブンビーチが素敵すぎ。ウィッツサンデー行くならヨットツアーがおすすめ
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > オーストラリア旅行 > ウィッツサンデー諸島

ウィッツサンデー諸島(Whitsunday)旅行
グレートバリアリーフに浮かぶウィッツサンデー諸島。ハミルトン島やヘイマン島などリゾート開発された島が有名です。また、ヨットクルーズツアーに参加して、島をあちこち数日かけてまわるのもおすすめです。 シドニーからハミルトン島へ飛行機で飛んでホテルに泊まってというはウィッツサンデー諸島への旅行のお決まりコースです。

ウィッツサンデー諸島旅行 アーリービーチという町でバックパッカーに昼前にチェックイン後、受付カウンターのおじさんにウィッツサンデー諸島をまわる格安ヨットツアーについて聞いたところ、あと30分ほどで出発するおすすめツアーがあるからとりあえず行ってこい!とのこと。で、なんだか訳がわからないままヨットクルーズに参加。ヨットで2泊3日、食事付きってのだけはわかったけど、なにがないやらわからないまま、とりあえずヨットの甲板で日光浴。参加者は8名ほどで、とりあえず個室ベッドの部屋をもらった。
 
ウィッツサンデー諸島旅行へヨットクルーズ ヨットからの景色。見えてる島はウィッツサンデー諸島のどれか。夕食はたんまりとあって、みんなでわいわいと甲板で食べた。夜は星空がきれいで、南十字星の見方を船長さんに教えてもらった。船長さん以外にいろいろお世話をしてくれるお姉さんがいたんだけど、このあと気分が悪くなって救急船を本土から呼び寄せ、お姉さんは本土へ。
 
ウィッツサンデー諸島の見どころ「ホワイトヘブンビーチ」 ヨットからゴムボートみたいなのに乗せられ島に到着。船長さんいわく、この林をずっと歩いてこいとのこと。あいかわらずわけわからないまま、2センチほどもあるハエと格闘しながら山道を歩き、ついに見えたのがホワイトヘブン・ビーチ! 思わず声を上げてしまうきれいな景色に見とれてしまいます。
 
ウィッツサンデー諸島のハイライト「ホワイトヘブンビーチ」 噂に違わずホワイトヘブン・ビーチは本当にきれいでした。噂には聞いてたけど、これほどまできれいとは。まさに息を飲む感じで、自然と「ワーーー」って声がでたぐらい。ホワイトヘブン・ビーチ万歳。
 
ウィッツサンデー諸島のホワイトヘブンビーチめちゃきれい 正直なところ参加したツアーはシュノーケルしたり、偶然に野生のカメを見たり、いろいろ盛りだくさんだったんだけど、ホワイトヘブン・ビーチがあまりにも素晴らしすぎてあんまり覚えてないです。というわけで、この後も引き続きホワイトヘブン・ビーチの写真をご堪能くださいませ。
 
ウィッツサンデー諸島のホワイトヘブンビーチ ホワイトヘブンビーチへはハミルトン島からでてる大型の船で行ったこともあるけど、ヨットツアーで山道を超えてホワイトヘブンビーチへアクセスするほうが数百倍もその雄大さと美しさが堪能できます。ホワイトヘブンビーチへ行くならヨットツアー!!!
 
ウィッツサンデー諸島のホワイトヘブンビーチはおすすめ 青い!どこまでも青い!ビーチまで下りて行って、浮かれまくっとります。遠浅になってて水中を歩くと砂から空気がボコボコでてきて、なんとも天国を歩いてる気分。 あとで聞いたところによると子供のサメがいるので気をつけなくてはいけなかったとのこと。浮かれまくって聞いてなかった。 とりあえずウィッツサンデー諸島とホワイトヘブンビーチへ行くならヨットツアーですよ〜
 
 

ハミルトン島の詳細

ハミルトン島 そしてここからはハミルトン島自体の記事です。ハミルトン島にはシドニーから飛行機で2時間ほどで到着します。 島自体はとても小さいので車で簡単に一周することができます。 おすすめはバギーのレンタル。ゴルフ場でよく使うバギーを島ではレンタルしていて、簡単に借りることができます。 バギーなのであまりスピードは出ませんが、島の風を感じながら運転できるのでとても気持ちがいいです。 当然島なのでビーチはとても広くてとても綺麗。まさにビーチリゾートという感じで心が休まります。
 
ハミルトン島 ハミルトン島のホテルは全体的に高いです。今回利用したホテルはリーフビューホテルハミルトン島(Reef View Hotel Hamilton Island)。 リゾート地という事で一泊350ドルほどの料金。 料金は高いのですが目の前はすぐにビーチで部屋の中も開放感たっぷりで気持ちがいいです。 部屋から外出したくなくなるようなホテルで、身も心も休まること間違いなしです。 リーフビューホテルハミルトン島はエクスペディアHotels.comのサイトで予約することができます。
 
ハミルトン島 ハミルトン島での楽しみ方は、ビーチのほかにもゴルフやウィンドサーフィンなどのスポーツや、バギーでドライブなどがあります。 島の中はバギーがたくさん走っているので、まるでマンガのような不思議な世界に来たような感覚にもなります。 眺めの良い場所をバギーで走りながら探してランチなどを外で楽しむのもいいと思います。
 
ハミルトン島 ハミルトン島の中での移動はバギーのほかにも無料の周遊バスがあります。 バスは5~10分おきに来るので少し待てばすぐに乗ることができます。 結構夜遅くまで走っているので夜はナイトクラブで遊んで、その後ホテルに帰るときなどにも利用できます。 ハミルトン島には映画スターなどの別荘なども数多くあるそうです。 ただ、そういう方々はプライベートビーチがあるのでなかなかお目にはかかれないようです。
 
ハミルトン島 ハミルトン島にはいくつかのオシャレなレストランもあります。 おすすめは島の先端にあるレストランBommie。 ハミルトン島で一番高級なレストランの一つです。 リゾート地という事もあり料金は少し高く、二人で行くと150ドルくらいはかかりますが、シーフードを中心においしい料理を楽しむことができます。 また、レストランの形はクジラをイメージしたものになっておりとてもユニーク、それも必見です。
 



シドニー宿泊
見る・遊ぶ
食べる・飲む
旅行の前に
シドニー現地情報
コミュニティ
シドニーのクラシファイドサイト
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

Copyright © 2007-2019 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!