オーストラリア東海岸の町バイロンベイはサーフィンやボディーボードなどマリンカルチャーが盛んなオーストラリア国内でも人気の旅行先。ちょっとヒッピーなお洒落でのんびりした雰囲気で休暇に最適
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > オーストラリア旅行 > バイロンベイ旅行

バイロンベイ(Byron Bay)旅行
バイロンベイはオーストラリアの東海岸線沿い、オーストラリア本土では最も東に位置する小さな町です。バイロンベイはオーストラリア国内ではたいへん人気の旅行先で、穏やかな気候と開放的な明るい雰囲気が心地よく、特にサーファーやヒッピー系の人そして若者に人気です。サーフィンやボディーボードなどマリンスポーツが盛んで、 町中にはサーファー系ショップやボードのレンタルショップがたくさん。お洒落なカフェや工芸品店などもあって、町ぶらするだけでも結構楽しい。のんびりと休暇を過ごすのにもってこいのおすすめの旅行先です。
バイロンベイから車で約1時間のところにあるピッピーな町として有名なニンビン(Nimbin)はこちらへ。


バイロンベイの長距離バス停付近 バイロンベイのメインストリート沿いにある長距離バスの停留所。バイロンベイの駅のすぐ隣りです。 バイロンベイはグレイハウンドなどの長距離バスで訪れる若い人が多く、バス停前ではバックパッカー風の旅行者がたくさんバスを待っています。 インフォメーションセンターもバス停のすぐ近くにあります。
 
バイロンベイのメインストリート バイロンベイのメインストリート。サーファー系ショップやインターネットカフェやカフェなどが集まってて、 いつもたくさんの人で賑わっています。
 
バイロンベイの町の風景。ヒッピーでサーファーな雰囲気 バイロンベイの町の感じ。ピッピー風なオヤジがカフェでお茶してます。 バイロンベイを歩く人の多くがピッピー風かサーファー風で、お洒落な雰囲気です。 サーフボードやボディーボードのレンタルショップも多いので、ボードを持ってかなくてもOK。
 
バイロンベイの灯台 バイロンベイの灯台近くからの眺め。ビーチがずーっとつながってて、眺めいいです。
 
バイロンベイの灯台からの眺め バイロンベイといえば灯台、というわけでとりあえず灯台を見に行きましょう。オーストラリア本土の最東に位置する灯台らしいです。真白でなかなか絵になる灯台です。
 
バイロンベイの灯台からの眺め 灯台からオーストラリア本土の最東の位置に向かってちょっとしたウォーキングコースになってます。行きは坂道を下るだけなので楽ちんだったけど、帰りは登り道だったためちょっとだけ疲れた。ちなみにバイロンベイの灯台へ車でアクセスする場合、灯台の少し手前の駐車場に駐車すると無料ですが、そこから歩いて5分もかからない灯台のすぐ近くに駐車すると7ドルかかります。有料駐車場まで車でいく若者を見ながら「歩かんかい!」とボソッと日本語で。
 
バイロンベイのメインビーチで楽しむサーファー 町中から灯台へ向かう途中にあったビーチ。メインビーチよりもこっちのビーチのほうがサーファーが多かったです。この日はあまり波が高くないみたいでした。
 
バイロンベイのビーチ沿いパブ バイロンベイのビーチ沿いにあるお店。ビールやワインなどアルコール類が飲めます。オープンスペースが広々と開放的で明るい雰囲気。オージーはオープンスペースが大好きなので、昼も夜も大盛況でした。


バイロンベイのビーチ沿いパブでビールを1杯 うちらもここでビール&ワイン休憩。ビールはスクーナー1杯4ドル程度と普通料金でした。落ち着いて過ごせて、なかなか居心地よかったです。やっぱ野外で飲むビールはおいしい!
 
バイロンベイのビーチ沿いのパブで夜のライブショー このお店の前を夜に通ってみると、なにやら楽しげな生演奏が聞えてきたので、ついつい入ってしまいました。実はこれで今晩3軒目なので、さすがに酔っ払ってきました。 ステージで演奏してるのは多分、サルサミュージック?ステージ前はどんどん踊る人でいっぱいに。 楽しい雰囲気でとてもいい感じ。
 
バイロンベイのメインビーチでサーフィン ビール休憩してるとすっかり遅くなってしまい、せっかくバイロンベイに来たのだからサーフィンしてる人を見にメインビーチへ。 この日は天気が悪くなってきたせいか、素人目にはあんまり上手そうな人はいませんでした。残念。。。
 
バイロンベイのお酒が飲めるお洒落なお店バルコニー メインストリート沿いにあるバルコニー(Balcony)というお店。なかなか存在感のあるお店です。2階がお店になってるので階段を登って入ります。夜はここで一杯することに決定!
 
バイロンベイのバルコニーの店内風景 ディナーはキャンプサイトでサクッと済ませ、夜のバイロンベイへお出かけ。昼間に目をつけておいたメインストリート沿いにあるバルコニー(Balcony)というお店へ行きます。ワインとタパスで乾杯しました。ワインはスペイン産ワインがいくつかあって、グラス1杯7ドル程度。お店の名前のとおりバルコニーのスペースが広く、バルコニーでゆったりとソファーに座って過ごすことができます。外からだと普通のパブにみえたんだけど、意外と内装がおしゃれでロマンチックな雰囲気がご希望の人はぜひ!
 
バイロンベイ駅の隣りにあるパブ こちらは駅のすぐとなりにあるパブ。長テーブルが広がってて、大衆酒場といった雰囲気。大人数でワイワイガヤガヤするのにいいです。 夜はこちらも生演奏ステージがあって、座るところがないぐらい大勢の人で賑わってました。
 
バイロンベイのメインストリート沿いにある地元らしいパブ メインストリート沿いにあったパブらしいパブ、ノーザンホテル。地元の人で賑わってました。オープンスペースに座るには食事をオーダーしないといけないけど、パブの店内もなかなかいい雰囲気でした。手前に座ってるおじさんの笑顔が素敵で素敵で、幸せな気分になりました。
 
バイロンベイのノーザンホテルで食事 このノーザンホテルはウッドファイヤー・ピザが人気らしく、ピザ屋かと思うぐらいピザのメニューが豊富でした。写真はスモールサイズのマルガリータピザで11ドル。普通のイタリア料理レストランよりずっとおいしかった!そして写真の左奥に写ってるサーロインステーキが実においしくて、ソースが最高にうまい!オーストラリアのパブで食べたステーキでナンバー1においしかった!いやー、お肉も柔らかくソースもおいしくポテトやマッシュルームも、全てがめちゃくちゃおいしかった。
 
バイロンベイで開催されるブルースフェスト(Bluesfest) ちょうどバイロンベイに到着した翌日からブルースフェスト(Bluesfest)という国際的にも有名な音楽祭が開催されるらしく、 バイロンベイのホテルやバックパッカーズはどこも満員で料金も倍近く跳ね上がります。町中をウロついてるといろんな人にフェスティバルに来たの?って聞かれました。写真はBluesfest会場の入り口。ここで5日間音楽祭が開催されます。
 
バイロンベイで開催されるブルースフェスト(Bluesfest)のチケット販売 チケットは1日券やら3日券やら5日券があって、1日130ドルぐらいでした。 チケットはインフォメーションセンターで買えるけど、当日に町のあちこちにディスカウント券を売る人が現れて正規料金よりも10ドルぐらい安く買えます。出演者リストを見るとニコール・キッドマンの旦那のキース・アーバンがありました。でも音楽ファンじゃないから後のアーティストはわからにゃかった。。。
 
バイロンベイで開催される音楽祭のブルースフェスト(Bluesfest)への送迎バス Bluesfest行きの送迎バス。頻繁に走ってたので社内は混雑してなさそうでした。フェスティバルは町から少し離れたところで開催されてるんだけど、歩いてもOKな距離なので、みんなビール片手にぞろぞろ歩いてました。駐車場も会場の近くにあります。


シドニー宿泊
見る・遊ぶ
食べる・飲む
旅行の前に
シドニー現地情報
コミュニティ
シドニーのクラシファイドサイト
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

Copyright © 2007-2019 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!