オーストラリアのビール種類。人気ビールからローカルなビールまでオーストラリア産ビールの紹介。シドニー現地の魅力を楽しむ個人旅行
ようこそシドニー、シドニー在住者発のシドニー現地&旅行情報
ようこそシドニー > オーストラリア食文化 > オーストラリアで飲めるビールの種類
オーストラリアで飲めるビールの種類

オーストラリアといえばビールです!最近はワインも人気だけど、オーストラリアといえばやっぱビール! オーストラリアの渇いた気候にはビールが最高。シドニーに来た際にはいろんな種類のビールを飲んでみてください。


オーストラリア ビールの種類
ビールの種類はビター(苦味)、ラガー(辛口)、ライト(アルコール度数弱め)、ピルスナー(ラガーっぽい)、エール(イギリス式上面発酵のビール)、スタウト(黒ビール)など。
オーストラリア ビールの銘柄(一般編)
パブやボトルショップ(酒屋)など一般的にどこでも見かけることのできるビール。
ビクトリア・ビター(Victoria Bitter)
シドニーで飲めるビール「VB」[ビクトリア州のビール、アルコール度数4.9%]通称VB。キリッとした苦味。オーストラリアで売上No1、味的にはちょっと水っぽい?けどその分飲みやすい。VBを置いてないお店はないぐらい人気ビール。VBが気に入った方はお土産にVBタオルやTシャツなんかどうでしょう?パディスマーケットでお安く売ってます。
トゥーイーズ・ニュー(Tooheys New)
シドニーで飲めるビール「トゥーイーズ・ニュー」[NSW州のビール、アルコール度数4.6%]青地に鹿の絵が目印。ちょっと甘口で飲みやすく、個人的にはVBよりも好き。これも人気のビールでどこでも飲むことができる。
カスケード・プレミアム・ラガー(Cascade Premium Lager)
シドニーで飲めるビール「カスケード」[タスマニア州のビール、アルコール度数5.2%]ラベルにタスマニア・タイガーの絵が目印。口当たりのいいビール。人によってはオーストラリア国産ビールならカスケードが一番うまい!とか。VBやトゥーイーズ・ニューよりも少しマイナーなので、場所によってはカスケードのタップがないパブも。
フォーエックス・ビター(XXXX Bitter)
シドニーで飲めるビール「フォーエックス・ビター」[クィーンズランド州のビール、アルコール度数4.8%]黄色い背景に赤いXが4つ並ぶラベル。ちょっと甘め。クィーンズランドに行くとあちこちにXXXXの看板が目立ってて思わず飲みたくなる。もちろんシドニーでも飲むことができるけど、それほどメジャーではないです。
ハーン・プレミアム(Hahn Premium)
シドニーで飲めるビール「ハーン・プレミアム」シドニーで飲めるビール[NSW州のビール、アルコール度数5.0%]さっぱりドライなビール。NSWのビールなので比較的どこのパブでも飲める人気ビール。
ハーン・プレミアムライト(Hahn Premium Light)
[NSW州のビール、アルコール度数2.7%]ハーン・プレミアムのライト版。
フォスター・ラガー(Foster's Lager)
[ビクトリア州のビール、アルコール度数4.9%]味的に日本のビールに近い。
クーパーズ(Coopers Brewry)
シドニーで飲めるビール「クーパーズ」シドニーで飲めるビール「クーパーズ」[南オーストラリア州のビール、アルコール度数は(赤)が5.8%、(緑)が4.5%]昔ながらの製法のにごったビールで芳醇なちょっと変わった味。タップで飲むと見た目も味も違いがわかりやすい。赤ラベルと緑ラベルでは味もまた違っておもしろい。個人的にクーパーズの緑ラベルはおすすめビール。
クラウン・ラガー(Crown Lager)
オーストラリアのビール「クラウンラガー」[ビクトリア州のビール、アルコール度数4.9%]イルドで上品なオーストラリアを代表するラガービール。
カールトン・ドラフト(Carlton Draught)
シドニーで飲めるビール「カールトン・ドラフト」[ビクトリア州のビール、アルコール度数4.6%]さっぱり軽めで喉の渇きを潤す。人気のビールでどこのパブでもたいていタップビールで飲める。
トゥーイーズ・ピルス(Tooheys PILS)
トゥーイーズ・ピルス[NSW州のビール、アルコール度数5.2%]洗練されたの反対で男っぽい味?瓶はオーストラリアビールにしては珍しく細見。
エクストラドライ(Extra Dry)
エクストラドライ[NSW州のビール、アルコール度数5.0%]ドライというだけあってさっぱりした味。
トゥーイーズ・オールド(Tooheys OLD)
[NSW州のビール、アルコール度数4.4%]黒ビール。だけどギネスビールよりも味も香りも強くないので、黒ビールが苦手な人には飲みやすい。黒!ってビールが好きな人には物足りないかも。
ピュアブロンデ(Pure Bronde)
オーストラリアのビール「ピュアブロンデ」[ビクトリア州のビール、アルコール度数4.6%]香りのいいクリスピーなラガービール。色は薄く、のみごこちがいい。見た目がちょっとお洒落系。

オーストラリア ビールの銘柄(マイナー編)
ブティックビールと呼ばれる少数生産のこだわりビール。シドニーのパブにはタップで飲めるところもあるので、見つけたらぜひお試しを!
ビーズニーズ(Beez Neez)
オーストラリアのビール「ビーズニーズ」[西オーストラリア州フリーマントルのビール、アルコール度数4.7%]Beezというだけあって蜂蜜のほのかな香りで、これのおかげでブティックビールに目覚めました。女性におすすめな味。ECQオペラバーでタップビールが飲める。
レッドバック(Red Back)
[西オーストラリア州まチルダベイのビール、アルコール度数4.7%]うまい!ちょっと香ばしい香りがいいし、なんとも飲みやすい。普通に飲むのもいいけど、レモンを入れてコロナビールみたく飲むのがおすすめ。ロンドンホテルではタップビールで飲める。
リトルクーチャーズ(Little Creatures)
ビールのリトルクーチャーズ[西オーストラリア州のビール、アルコール度数5.2%]香りが上品で苦いおいしさ。ビールはこれ!って人もいるぐらい。ラベルの天使がかわいいわりに男っぽい苦い味。
ブルータン(bluetongue)
オーストラリアのビール「ブルータン」[NSW州ハンターバレーのビール、アルコール度数4.9%]ワイナリーで有名なハンターバレーのビールで、トカゲの青い舌のラベルが目印。飲みやすいからグイグイいけます。シドニーではブルータンがタップで飲めるパブも多いから、見つけたら試してみて!
オリジナル・アンバーエール(Original Amber Ale)
[NSW州のビール、アルコール度数5.0%]甘くなくてかなり苦くて後味が残るビール。日本のビールっぽいかも。ラベルの絵が数種類ある。
ジェームススクワイア ピルスナー(James Squire Pilsner)
[NSW州のビール、アルコール度数5.0%]上記のオリジナルアンバーエール系だけどこっちのほうが飲みやすい。甘さがあるぶん個人的にはこっちのほうが好き。

ビールの銘柄(海外編)
オーストラリア以外のビール。値段はちょっと高め。
ステラアルトラ(Stilla Artois)
[ベルギーのビール、アルコール度数5.2%]オーストラリアでも一番人気ぐらい見かけるビールでタップ(生ビール)で飲めるパブも。香りが上品でヨーロッパって感じ。
ギネス(GUINNESS)
[アイルランドのビール、アルコール度数5.2%]アイルランドの黒ビール。シドニーはアイリッシュパブがたくさんあってタップ(生ビール)で飲めます。鉄分が補給される気分になれる?
アサヒスーパードライ(ASAHI)
[日本のビール]ご存知日本のアサヒスーパードライ。パブでタップ(生ビール)を見かけることも。
ハイテ(Hite)
[韓国のビール]普段は見ないけど韓国レストランに行けばあります。日本のビールに近い味。


日本でいつも開いててどこにでもあるお店といえばコンビニ。オーストラリアではパブがそれにあたります。 街中いたるところにパブがあるし、朝早くから夜遅くまで毎日開いてるお店って、オーストラリアではパブ以外考えられない。。。

シドニーに来た当初、昼間っからパブでビールを飲んでる人達をみて「あ〜昼からビールなんか飲んじゃってぇ」って思ってたけど、 今や私もその仲間入りしつつあります。街中でトイレ行くのにまずパブを探すし(実際パブはトイレがわりに使えます)、喉が渇いたといってはパブに入るし、暇でやることない時もパブに行ったり。。。


シドニー宿泊
見る・遊ぶ
食べる・飲む
旅行の前に
シドニー現地情報
コミュニティ
シドニーのクラシファイドサイト
その他

『いいね』を押してシドニー最新情報ゲット!

Copyright © 2007-2019 ようこそシドニー. All Rights Reserved.
シドニーよいとこ、一度はおいで!